+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
FAN MAIL
FAN MAIL (JUGEMレビュー »)
TLC ダラス・オースティン マーシャル・ロレンツォ・マーティン リック・ジェームス ケビン・ブリッグス キャンディ・バラス タメカ・コトル テリー・ルイス ティオンヌ・T-BOZ・ワトキンス リサ・ロープス
+RECOMMEND
NUMBER ONES
NUMBER ONES (JUGEMレビュー »)
マイケル・ジャクソン
+RECOMMEND
痕跡 (下)
痕跡 (下) (JUGEMレビュー »)
パトリシア・コーンウェル, 相原 真理子
+RECOMMEND
痕跡 (上)
痕跡 (上) (JUGEMレビュー »)
パトリシア・コーンウェル, 相原 真理子
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ボギー・デポウ
ボギー・デポウ (JUGEMレビュー »)
ジェリー・カントレル
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ビーヴィス・アンド・バットヘッド/ザ・ビーヴィス・アンド・バッドヘッド・エクスペリエンス
ビーヴィス・アンド・バットヘッド/ザ・ビーヴィス・アンド・バッドヘッド・エクスペリエンス (JUGEMレビュー »)
オムニバス, ニルヴァーナ, ビービス・アンド・バットヘッド, アンスラックス, メガデス, RUN D.M.C., エアロスミス
+RECOMMEND
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (JUGEMレビュー »)
ロバート・K. レスラー, トム シャットマン, Robert K. Ressler, Tom Shachtman, 相原 真理子
+RECOMMEND
TIDAL
TIDAL (JUGEMレビュー »)
フィオナ・アップル
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
ORIGIN OF SYMMETRY
ORIGIN OF SYMMETRY (JUGEMレビュー »)
ミューズ, マシュー・ベラミー
+RECOMMEND
コントラバンド
コントラバンド (JUGEMレビュー »)
ヴェルヴェット・リヴォルヴァー
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
青チョークの男
青チョークの男
青チョークの男
フレッド ヴァルガス, Fred Vargas, 田中 千春

フランスのミステリだそうです。
なかなか面白かったですよ。
でも一つ一つのセリフが長すぎて私にはちょっと。。。。
フランス本のイメージ通りではありましたけど。

意外などんでん返しが最後の方にありますがそこまでがゆったり進んでいきますのでアメリカのミステリとはちと違う感覚はありますね。

ということで
ラブラブラブラブラブ

半年以上のブログカンバック。
実はパスワードが分からなかったということと登録メールアドレスも不明だったのですが、この度見つかりましたるんるん
ということで、再開しますモグモグ

| BOOK | 10:34 | comments(12) | trackbacks(122) |
真相(上)
真相 (上)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
真相 (上)―“切り裂きジャック”は誰なのか?
パトリシア・コーンウェル, 相原 真理子

最近の検屍官シリーズにげんなりしかかっていた私ですが、相も変わらず、コーンウェルの新作は買ってしまいました。。。
やっと小さい本がでましたしね拍手

感想は。。。

詳しいことを述べるとこれから読む人に悪いので、さらりと申し上げますが、なかなかハッキリしていて気持ちよいです。。
つまり、ま、始めから、ウォルター・シッカートを犯人だと思いこんで調査しているので、すべて、何もかもが、彼が犯人であることを示唆するものに結びついていきます。。
賛否両論あると思いますが、彼女の調査の限りでは、彼が犯人であっても、疑いませんね。。私は。。。冷や汗
典型的な成功したサイコパス。。。

それにしても、昔の人って、殺人の絵を描いたりしても、アートってことで、疑われもしなかったんですね。。。

評価は
ラブラブラブラブラブ

| BOOK | 02:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉

経済学部生なのに、経済のことがよく分かってなかったりします。。。びっくり
会計についてもそうで、簿記検定をとろうかとおもったのですが、まず3級からやろうとしたら、????でして。。。

で、なんでもこの本を読むと、少しは経済、特に会計に興味を持つことができるかもよ。。。グッド
ということで、昨日、病院の空き時間に読み始めました。。

これが面白くて面白くて。。。悲しい

多分、本格的に会計をやっていて、厳密にいろいろ考えることができるくらい基礎がしっかりしている人(例えば経済学部生。。(笑))が読むと、それがどーした、みたいなことを思われるかも知れませんが、私のように、そもそもちんぷんかんぷんな人にとっては、『あ〜、なるほど、。。へぇ。。』のようなことが連発だと思います。。

昨日のウチに読み終えてしまいました。。。

なんだか、会計って面白そう、とうっすら思えてまいりまして。。。経済ってつまらん、わからん、とか会計??のような人は、一度読んでみてはどうでしょうか。。。
上記のような人には、ぜひぜひお薦め。。。
何かイメージを持つきっかけになりうるかもしれない本だと思います。。
評価はかなり悪いことが多いみたいですが、私には良かったので、

ラブラブラブラブラブラブラブラブ

| BOOK | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
痕跡 (下)
痕跡 (下)
痕跡 (下)
パトリシア・コーンウェル, 相原 真理子

上に比べて下の方が面白かったですが、最後があんまり好きではありませんね。。。。
もう少しなんか違った感じのがよかったです、個人的には。。。しょんぼり
スカーペッタって、検屍官の頃から、順調に歳を重ねると、とうに定年はこえていそうですが、そうでもないんでしょうかね??
元旦に何を読んでいるのか、っていうことになりそうですが(笑)。。。

以前ほどの切れがないということで、これ止まりにしておきます↓
ラブラブラブラブラブ
| BOOK | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
痕跡 (上)
痕跡 (上)
痕跡 (上)
パトリシア・コーンウェル, 相原 真理子

やっと昔のスカーペッタに戻ったって感じですね。。
シャンドンとかの話にいい加減、飽きて来ちゃってまして、
今回は楽しめました。。。
上に関して話しますと、人間関係の方に重点が置かれている感じですね。。。
まだ以前の遺留品や、証拠死体、真犯人、検屍官のころとは違いますが。。。
好みにもよりますけどね。。

ということで、
ラブラブラブラブラブ
| BOOK | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
切り裂きジャック―闇に消えた殺人鬼の新事実
切り裂きジャック―闇に消えた殺人鬼の新事実
切り裂きジャック―闇に消えた殺人鬼の新事実
仁賀 克雄

切り裂きジャックです。。。
あまりにもメジャーすぎて、今まで読んだことがなかったのですが、これは本物の写真とかありまして、小さいながらも充実(笑)した本です。。。拍手拍手拍手

最近、またこういう系統の本を読む癖が復活しまして、最近いろいろ読んじゃっています。。。

これのいいところは、被害者、容疑者をすべて書いてあって、表にしてあるところ。。
表にしてどうなんだってことですが、推理に思いを巡らしやすいので、何度も読んでいます。。。

「検屍官」好きとしては、パトリシア・コーンウェルのほうの切り裂きジャック分析本も読まないといけませんが、なにぶん高いので、単行本になるまで待つことにします。。。(笑)。。

この本は前半三分の一くらいが物語り仕立てで、後半が作者による切り裂きジャック分析なんですが、まぁまぁ楽しめました。。。グッド拍手鳥おばけおばけ映画

これは私の記念すべき切り裂きジャック関係本第一弾ということで、比較の対象がないので、
ラブラブラブラブラブ
ということにしておきます。。。
いつかコーンウェルのほうを読んだら、それと比較もしてみたいですけどね。。。

| BOOK | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
ロシア52人虐殺犯 チカチーロ
ロシア52人虐殺犯 チカチーロ
ロシア52人虐殺犯 チカチーロ

これ、実は本が原作でして、その本の方を先に読んでおりました。。。読書読書
で、別途、これを見たんですが、なかなかのものですよ!!!
この手の映画を、かなり見ておりまして、そして、こういうのは、B級のものがたいていなんですが、これはかなりよかったですよ、もちろん映画としてですがね。。。びっくりびっくり拍手グッド

実在の連続殺人犯の映画なんですが、出ている人も割と豪華でして、ドナルド・サザーランド(おじいさんになってから、まぁまぁ好きになりました。。)とスティーヴン・レイ(似たようなのに、ブッチャー・ボーイ(?)もありましたね。。。名脇役と思ってたら、名主役になったり。。。なかなか興味深い俳優です。。マイケル・コリンズとかプレタポルテ、クライング・ゲームなどなど。。)が出ております。。。鳥鳥魚

チカチーロは、これまたディスカヴァリー・チャンネルで、以前、死刑になるまでをドキュメンタリーでやっておりました。。。バスバスバス銃銃銃

これ、本も映画もおすすめですね。。。
ラブラブラブラブラブラブラブ

| BOOK | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記
FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記
ロバート・K. レスラー, トム シャットマン, Robert K. Ressler, Tom Shachtman, 相原 真理子

このシリーズは全部持っているのですが(笑)、まずはこれから。。。
ロバート・レスラー氏にあこがれて、犯罪心理分析官になりたいな、と思っていた時期があります。。。

日本では別の形で犯罪心理分析官は入ってきてますが。。。
日本では、たいてい、犯罪心理分析官は、犯罪者を理解するために、すなわち、犯罪者はかわいそう、と犯罪者に思いやりを示すためにいるみたいですが(従って、たいてい、犯罪者の減刑、死刑廃止のためにいるようなもの)、アメリカではそうではなく、どうやったら、こういう人間ができないか、を研究するため、それから、実際に事件が起きたときの犯罪者の予想を立てるためにいます。。。
ロバート・レスラー氏は、かつて、ABCのナイト・ラインだったと思いますが、テッド・コッペル氏との会話の時に、「決して、犯罪者に同情するために我々はいるわけではないのです。」ということをいっていました。。。
しかし、この犯罪心理分析官をする際には、完全に犯罪者になりきることが重要で、もし自分が彼・彼女(犯罪者)ならどうするだろうか、ということから、プロファイルを組み立てるそうです。
だから、すごい的中率なんでしょうね。。。
また、「決して、犯罪者の心の深淵に落ち込んではならない。覗くにとどめなければならない。」という掟もあるそうで、これが、簡単には客観性をとどめることになるんだと思います。。。

この本を読んだのは、中学生の時に、ハードカバー(大きいほんの方です。。)の方を読みました。
だいたい中学生がこの手の本を読みあさっているってのがそもそも気味が悪いかもしれませんがね(笑)。。。。
中1からのめり込んで、しばらくかなりいろいろなのを読みあさっていました。。。
ちなみに、小6までは歴史本にこってましたが(笑)。。。おばけ映画温泉王冠工具工具

ってことで、
ラブラブラブラブラブラブラブラブラブ
| BOOK | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
渇いた季節
渇いた季節
渇いた季節
ピーター ロビンスン, Peter Robinson, 野の 水生

まぁまぁおもしろかったですよ。。。
犯人はすぐにわかっちゃいましたがね(笑)。。。
内容の構成も目新しくはないですしね。。。
この手の作品はすぐに、何というかER状態というか、フレンズ状態というか、要するに主役がすぐに職場の人間と、、、になりますが、これもご多分にもれず、ですねぇぇぇ。。。。
何がまぁまぁだったかというと、これがよくわからないんですがね(笑)。。。
なんだか日本語の訳もよくわからなかったし。。。おばけ
難しい日本語でした。。。
読めない漢字も結構あったし、私には何を言っているのか意味のわからない
文も多々あったし。。。
訳者の問題なのかもしれないけど。。。
難しかった。。。冷や汗

テンポが良かったんだと思います、まぁまぁ。。。(笑)。。

値段は高かったと思いますね冷や汗冷や汗冷や汗
で、なんで買ったかというと、我がスティーブン・キング絶賛だったからでして。。。。

ちなみに、最近、訳者の人で、難しい文をあえて使っているような人が増えているような。。。
というか、何言っているのか???な文。。
果たして日本語なのか???な文。。。
おそらく原文の雰囲気を醸し出しているんでしょうが。。
今時、というか、私は、少なくとも、13歳くらいの子供で、自分のことを「おいら」って言うのを聞いたことがないですしね。。。
なんか、へんな言葉遣いだと、そっちの方にきをとらちゃいまして。。。

ハートハートハートハートハート
| BOOK | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |